なんちょうちゃんと!~0歳編~①

最終更新日

Comments: 0

無事に出産して、5日後。

両親が私を丈夫に産んでくれたおかげで、術後とは思えぬほど回復力が早い私。
産まれたてのひいこに母乳をあげる以外はほぼ寝たきり。天国のような日々を過ごしていました。

この日、ひいこは新生児聴覚検査(新生児スクリーニング検査)へ。

たいくんの時にはすぐ終わった検査だったので、特に気にも留めていませんでした。

しかし、なかなか戻ってきません。

一筋の不安が私を襲います。
いやいや、私たちの子に限ってそんなことはない。
だって、私たち二人とも聞こえはいいし、親戚にも難聴の人なんて一人もいない。

しかし、その不安は的中します。

診察室に呼ばれた私。

「聴覚検査の結果、左耳がリファーでした」

頭を鈍器でガツンと殴ったような感覚。
目の前が、ぐらり、と揺らぎます。
どうして、そんなことに。

「片耳聴こえなくても、片耳聴こえているから言葉とかに遅れはそんなにない。どうか気を落とさないで」

そのようなことを先生からは言われたけれど、現実を受け止めきれない私。

すぐさま、病室に帰り、とーちゃんへ電話。

自ら口にすると、その現実がどしん、と私を覆いかぶさって、涙がぽろぽろとあふれ出す。

どうしよう、どうしよう、なんで。
葉酸サプリだって飲んでいた。食事にも気を付けていた。たいくんの時の数十倍、生活には気を付けていたのに。

とーちゃんからも、片耳は聴こえている、それだけでもよかったと思おう、と励まされました。

産婦人科から紹介された耳鼻科には、退院して数日後に向かいました。

そこで、さらに追い打ちをかける結果になるのでした。

dora

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする