なんちょうちゃんと!~0歳編~⑤

最終更新日

Comments: 0

感音性難聴であると宣告されてから1週間後ほど。

大学病院から電話が。

どきどきと、心臓が飛び出そうになりながら、電話に出てみると担当の先生でした。

「サイトメガロウイルスの検査結果は、陰性でした」

もう、この時の私は、心の底から安堵の声が漏れたことだろうと思います。

「数値的にみても正常値より少し悪い程度なので、原因はほかにあると思います。今後は別の担当医が詳しく検査をしていきます」

とりあえず、安心していいんだよね…?
そんなに悪くはない状況なんだよね?
不安は残しつつも、最悪の結果は免れたのでした。

それからまた1週間後、再び大学病院へ。

新しい担当の先生に出会います。

この方がまたとっても良い先生で、本当に出会えたことに感謝しかありません。
もし、この先生に出会えていなかったら、今ひいこはどうなっていたのかとぞっとする思いです。

そうして、ここから、長い長い検査が始まったのでした。

dora

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする