長男たいくんの川崎病日記④

最終更新日

Comments: 0

2015年6月12日。この日、たいくんは「不全川崎病」と診断された。

たいくんが通っている小児科の先生は30年間で3000人の川崎病患者を診てきたというベテランの先生。

では、なぜ。たいくんが川崎病と診断されるまでに数日かかってしまったのか。

それは、たいくんの症状が特異稀だったからだ。

通常、川崎病は発熱から始まるらしいのだが、たいくんの場合、まず訪れた症状は「BCGの腫れ」。今までBCGが先に腫れる症例を見たことがない、と先生がおっしゃっていた。

そして、不幸中の幸いか症状がかなり軽かったらしい。

肝機能障害は患ってはいるものの、熱もそこまで高くなく、食欲もあるので通常であれば入院するような病気だけれど、飲み薬を投与しながら、自宅療養ということで済んだ。

しかし、2か月間は病院に通い詰め。会社には育休を伸ばしてもらえるように頼んだ(マタハラ受けたけど)。

dora

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする